能登輪島とhonshoku

能登輪島米物語の山本亮さん

東京にいても、
各地のうまいものは食べられる。
「大阪名物!」「産地直送」なんて、
土地の名前がついた食べものは
よく見かけるし、
ほいほいとお取り寄せもできちゃう。

でもやっぱりその土地に足を運んで、
その場所の空気を吸って、
現地にいる人たちに
「あのね、この場所は昔ね…」とか
「こう食べるとうまいよ!」と
教えてもらいながら食べると、
ちがうんだよ味が。
なんであんなにちがうんだろう。
心が「うまい!」と
思っているからなのかもしれない。

石川県の能登輪島。
ここがちょっと気になっている。
先日、はじめて行く機会があって、
ものすごく魅了されてしまった。
東京から能登に移住した
山本亮さんという人がいて、
その日は一泊二日で
山本さんガイドのもと、
輪島塗りの工房、朝市、
地元の人がよくいきそうな
おいしいものだらけのお店やら、
あちこち連れ回してもらった。

山本さんは、
能登輪島米物語協議会のメンバーとして、
能登のお米の魅力と地域の魅力を
いっしょに知ってもらおう、
なんて楽しそうなことをやっていて、
9軒の米農家さんによるお米の商品
「能登輪島米物語」をうんだ。

この商品が「ロフトごはんフェス」で
「ごはんフェス大賞」を
受賞したことがきっかけで、
僕たちも能登輪島という場所に
ますます惹かれていったというわけ。
でもこの場所について、
まだまだ知らないことだらけ。

「能登輪島とhonshoku」では、
山本さんのやっていることも紹介しながら、
能登輪島にあるおいしいものやたのしさを
honshokuらしくお届けしていきます!