真崎里砂・世界の旅ごはん 学生編

ドイツのまちなかごはん その1

ドイツのケルンにやってきた!
はじめての国恒例、「スーパー」の探索。
スーパーはその国で生活するひとたちの
食生活を知りたいときに、
いろんな情報が得られる場所である。

ドイツといえば、
ビールとソーセージのイメージだったが、
イメージどおり。
ソーセージがたくさん!そして安い!
20センチのソーセージ3本セットが
2ユーロ(260円くらい)
で売っていた。
日本ではかんがえられない。

ソーセージのほかに目立ったのは、
チョコレート!
なんとドイツは、世界で2番目に多く
チョコを食べている国らしい。
ほーーー。

そして、パンも多い。
スーパーでも「チアシード入りパン」
「グルテンフリーパン」など、
こだわりのある
色々な種類のパンがならんでいた。

ドイツに留学するトルコ人の友人宅にて、私が作った塩鶏肉じゃがを、 スーパーで買ってきたチアシード食パンと共に。

ドイツの休日は、
やすくておいしいお酒と
ソーセージ、バケットを買って、
あまいものも食べたければ
チョコも買って、
おうちで家族や友だちと映画を観たり
「パーティー!」なんて感じなのかなと
想像をふくらませていた。

(まさき りさ)