真崎里砂・世界の旅ごはん 学生編

フィリピンのまちなかごはん

2年前に滞在していたフィリピンに帰ってきた。
その時からフィリピンごはんのイメージは
『常に肉と米』。野菜が好きなわたしにとっては
ちょっと悲しいことに、なかなか野菜がでてこない。

そんなフィリピンならではの特徴が、
とにかく米をよく食べること。

フィリピンでメジャーなファストフードである
Jolibee(ジョリビー)をはじめ、マクドナルドや
ケンタッキーのチキンには、ライスがセットでつく。

まちなかのレストランでよく見るのが
『UNLIMITED RICE』。
バケツのようなものに入ったお米とスコップを
お兄さんがもって店内をまわっている。
ライスをおかわりしたいときは
手をパンパン!と2回たたくと来てくれる。

フィリピン人の友だちによると、
米なしでは『ごはんを食べた』ことにならないらしい。

アジアの国々ではお米はよく消費されるが、
パンや麺類など食が多様化しているなか、
『米が一番!』とはっきり言えるのがフィリピンだった。

(まさき りさ)