真崎里砂・世界の旅ごはん 学生編

ミャンマーのまちなか昼ごはん

Today’s lunch: Burmese pork curry :)

きょうの昼ごはんは、現地で留学をしている親友が
連れていってくれたローカルな食堂で、ポークカレー。

ミャンマーのカレーはどんなカレーなんだろう?
カレーが大好きなわたしは、ワクワクして待っていた。

すると、出てきたのは…。
たっぷりの油に浸った豚肉のようなもの。
これが、カレー…?

味は、おいしい。でも、これがカレーなのか。
ほかの国のカレーとおなじように、
『ルー』(というべきなのか?) を完食はできない。

カレー以外にも、ミャンマーの料理では
炒めものや揚げものをはじめ、
油がたくさんつかわれている。まちなかでも、
たくさん油で揚げものをしている屋台を見かける。

油がつかわれる機会が多い理由は、
ミャンマーの人たちが食べている料理は
中国とインドから影響をかなり受けているということ。
もうひとつは、油をつかった料理はすこしの量や
ちょっとした材料でもお腹にたまるから、
貧しいときもお腹をいっぱいにするために
多用されてきたみたい。

やっぱり食は、その土地の色々な側面を反映している、
と改めて感じたミャンマーでの時間でした。

(まさき りさ)