honshokuの仲間たち

平井のひとりごと 食事をおいしくするために

しばらくストップしていた水泳を、またやることにした。
再開した理由はいろいろあるんだけど、
いちばんはちょっとね、太ってきたらしい。

小学校のときにスイミングスクールに通い、
中学で水泳部に入り、そのあと本格的なことは
やっていないけど、はたらきだしてからも週に一度は
泳いでいた。それをピタッとやめた途端に、からだが
ひとまわり、いや、ふたまわりは大きくなっちゃって。

こりゃまずいぞー、てことで、水泳再開。
再開してみて感じたのは、泳いだあとのめしがうまい。
えーえー知ってましたよ、そんなことは。
いままでもずっと泳いできたんだもの。
でも水泳からはなれてみて、あらためて気づいた。

めしがおいしいぜ!と思えるために
じぶんでできることって、結構ある。
料理の腕をあげるとか、新鮮な食材をそろえるとか、
そういうこともあるんだけど。

それいがいにも、外のお店で食べるときは、
もしかしてじぶんは受け身でいたことが
多かったんじゃないか。と反省してみる。
街の定食屋なら、そこのオヤジの料理の腕に委ねていた。
いや、委ねてもいいんだけど、おいしいかどうかの理由の
何割かは、じぶんにもあるんじゃないのか。もしかしたら。

すべてをオヤジの責任にするのは、ちがうんじゃないか。
だれといっしょに食べるのか、とか。
お腹を空かせてお店に入れるのか、とか。

じぶんたちでも、食事をおいしくするために
努力すべきこと、たくさんありそうじゃない?

(honshoku/平井巧)