honshokuの仲間たち

平井のひとりごと あたたかい飲みものは、やさしいよー。

夏なのに冷たい飲みものよりも、
あたたかい飲みものをえらぶようになった。
年齢のせいだろうか。さいきんすぐに
からだが冷えてしまう。

冷房のきいた喫茶店にはいると、きもちがいいけど、
ものの1、2分で「さむい!」となってしまう。
それがわかるから、アイスコーヒーではなくて、
ホットコーヒーにしておこうか、となる。

冷たい飲みものは「いいやつ」なんだけど、
ノリのいい若者的な印象があって、
「こっちにもお前を受けいれるだけの元気がないと、
ちょっとつかれちゃうんだ、ごめんね」となる。
このかんじ、わかりますかね。そういえば、
つめたい飲みものは、デコレーションする文化あるね。
このへんもやっぱり若者っぽい。

その点あたたかい飲みものは、人生経験をつんで、
世のなかの裏も表も知りつくした大人の印象がある。
だからやさしいのか、あたたかい飲みものは。

とくにいちばんやさしい飲みものは、白湯だと思う。
冷たいミネラルウォーターはあるのに、
白湯をメニューにしているお店はない。自販機にもない。

子供のころに否定していた食べものや飲みものを、
すきだなぁと思うときは、突如あらわれる。
それに気づけたときが、おもしろい。

(平井巧)