honshokuの仲間たち

hacozenの夏 日本一の茶漬けをつくってみる。

ごはんをおいしく食べるきっかけを
つくるブランド「hacozen」。

hacozenさんとは、2016年に「ごはんフェス」へ
箱膳や器を出展いただいてからのおつきあい。
取りあつかう商品は、ごはん茶碗、箸、米びつなど、
ごはんをおいしく食べるための道具たち。

その道具ひとつひとつのフォルムが、
みていて「はぁ、美しいなー」と声に
もれてしまいそうですが、手にふれてみると
その価値が一段と伝わってくるのです。
この茶碗でごはん食べてみたい!と思えるのです。

そんなhacozenさんが、東京表参道で7月に
「ニッポンの暮らし ハコゼンの夏」を開くというので、
honshokuも参加させてもらうことに。

hacozenの高橋さんから連絡をもらい、

ポップアップストアやるんですが、
なにかおもしろいことしませんか?

やりましょう やりましょう。

本当に、こんな感じでとんとん拍子に進み。
7月の暑い時期にこそたのしめるお米ってなんだ?
そんなことを高橋さんと話していて
出てきたのが、「日本酒」と「冷やし茶漬け」。

どうせなら、いまじぶんたちで考えられる
「日本一の茶漬け」をつくって
みんなに食べてもらおう!
そんなことを目指してみることにしたのですが。

まずは茶漬けとはなんぞや?
ということから考えはじめてみることにしました。

(平井巧)

 

hacozen(ハコゼン)

“お米とファッション” 2014年ブランド「hacozen」はファッションデザイナーの高橋と岐阜のアパレル、アスプリ株式会社とでスタートしました。ブランド名は一人分の食器を収納し、お膳として使う道具『箱膳』に由来します。hacozenさんのホームページはこちらをご覧ください。