honshokuのオリジナルブレンド米は、東京・原宿にある「小池精米店」のお米を使っています。ブレンダーは同店三代目で五ツ星お米マイスターの小池理雄さん。1日の精米量は「だいたい700キロ」だそう。それも毎日。

ということは、1週間で4トン。1ヶ月で15トン。半年で90トン。1年で180トン。すごい取扱量です。

でも、小池精米店に行くと…失礼ながらスモールなお店。膨大な量のお米をいったいどこに置いているのでしょうか。小池さんに尋ねると、お米を保管している場所に連れていってくれることになりました。

小池さんの“米倉庫見学ツアー”に参加したのは、honshoku代表の平井巧と、お米好きライターの柏木智帆。小池さんに指定された待ち合わせ場所は、日暮里・舎人ライナー終着の「見沼代親水公園」駅。3人並んで駅からてくてくと歩くこと5分。米穀類専門物流会社「隅田川運送」の倉庫に到着しました。

敷地内では、フォークリフトが機敏に動き、作業員がJRの大型貨物から米袋を手作業で積み降ろしています。ちょっと緊張しながら大きな建物の中へ入ると、ひんやりとした空間に膨大な量の米袋が高く積み重なっていました。

 

honshokuのブレンド米は、ネットストア「honshokuのお店」で販売中!

柏木
米袋のいい匂いですねー。どのくらいの面積があるんですか?

 

小池
200坪だそうです。

 

平井
小池さんのお米はどこに?

 

小池
この中のこの列にあるのが、うちのお店のぶんのお米です。

平井
すごい量ですね…どのくらいあるんですか?

 

小池
たぶん、700袋くらいかな。1袋は30キロです。

 

平井
米袋がたくさん積み重なっていますが、たとえば一番下のお米を出したいときはどうするんですか?

 

小池
上のお米をわざわざフォークリフトで下ろすのだと思います。

平井・柏木
ひえー。

 

平井
米袋がところどころ抜かれていますね。崩れないのかな。

 

小池
抜けるところは抜いちゃうのかもしれませんね。抜いた瞬間に崩れたら怖いよね。ははは。

 

柏木
なんだかヘタクソなテトリスみたいですねー。

 

小池
実は、ここに来たのはぼくも初めてで…。これを出すのは大変ですね…。たまに在庫がないことに気づかずに『あのお米を出してほしい』と頼んでしまい、探してもらったすえに『ありませんでしたよ』と怒られることもあります…。

 

平井
これからは適当に『あるかも』でお願いできませんね。笑

 

柏木
何品種を保管してもらっているんですか?

 

小池
古米も含めて30品種くらいあります。同じ品種でも産年が違うんです。27年産、28年産、29年産。鮨屋さんのシャリで使われているので。

 

柏木
へーなるほど!でもそれって保管料…。

 

小池
けっこうかかります。

 

柏木
そうですよね。古米は高級米になるんだ。おもしろい。

 

平井
小池精米店の店舗には常時どのぐらいのお米を置いているのですか?

 

小池
5トンくらいです。お米がほしいときには前日に発注して届けてもらいます。

 

柏木
小池精米店の前を通ると、ときどき店の前に米袋が積まれていますよね。あれはここから届けられた直後の風景なのですね。

 

小池
多くの米屋は保管料がかかってしまうので倉庫には意地でも預けません。でも、うちは20坪と小さいのに取扱量が多いので…。この量のお米を置いたら寝る場所がなくなっちゃう。笑

 

平井
倉庫の中には米袋ではなく大きなビニールパックで保管されているお米もあるのですね。

 

小池
うちでは扱っていませんが、あのビニールパックはフレコンと言います。1トンのお米が入ります。米農家さんも小分けにしなくて済むので米屋でフレコンの受け入れをOKにするとありがたがられます。東京の米屋でもフレコンOKな店もありますよ。以前に米農家さんがうちの店に来て『フレコン対応できますか』と聞いてきましたが、店を見てわかるだろう、どこに入るんだ、と。笑

 

平井・柏木
あはは。笑

 

小池
いつも10袋とか少量ずつ頼むのですが、お米を出すのがこんなに大変だとは思いませんでした。これから頼みづらくなるなあ。笑


商品情報

五ツ星お米マイスターブレンド 旅館の朝ごはん米 6合(900g)

ツヤツヤふっくらとした炊きあがり。朝起きたてのお腹もぐうと鳴る香ばしい香り。程よい粘りとほろほろ感。しっかりとした食感で食べ応えがあるものの、すっきりとした味わい。お腹に重たくなく、ついついおかわりしちゃうお米です。おかずと合わせると、まるで合わせ出汁のように相乗効果でごはんもおかずもよりおいしくなるから不思議。脂ののった焼魚、香り高い焼海苔、納豆、おしんこ…特に玉子かけごはんは絶品です。

 

五ツ星お米マイスターブレンド 〆の茶漬け米 6合(900g)

香り高い炊きあがり。そのまま食べると、しっかりとした食感と弾力がある硬派なお米。しかし、どうも物足りない。ごはんの上に、塩鮭、古漬け、昆布、焼き海苔、明太子…好きな具を乗せて熱々のお茶や出汁をかけると、あら不思議。お米の1粒1粒が生き生きし始め、程よいほろほろ感が生まれます。お茶漬けのために生まれてきたとしか思えないブレンド配合。「お茶や出汁をかけないと完成しない」と断言できるお米です。

 

価格   1,380円(税込)
名称   精米
原料玄米 複数原料米 国内産 10割
内容量  900g
賞味期限 精米日から2週間以内(冷蔵保存)
保存方法 袋のチャックを閉め、冷蔵庫で保存ください。
販売者  honshoku 平井 巧
企画制作協力 柏木 智帆
制作協力 小池精米店
ブランディングデザイン 田邊 泰大
コピーライティング 高野 瞳

 

INFORMATION

問い合わせ先
info@honshoku.com(担当:平井)