いま海外渡航中の東京外語大学4年生の真崎里砂さん。真崎さんとhonshoku平井は、家のフードロスをなんとかしよう!っていう企画「サルベージ・パーティ」でいっしょになり、そこからのおつきあい。そんな真崎さんから、訪れる土地の食レポを不定期で送ってもらえることになりました。

観光地で食べられるような料理もいいけど、ガイドブックにも載っていないような、現地の家でいつも食べられている料理名もないような「フツー」の食事を見てみたい。フツーってなんだ?覗いてみるとそこに、食の面白さが広がっている…気がするような、そうでもないような。

真崎さんが帰国するまでの期間限定の不定期連載。何回掲載されるか僕らもわかりませんが、たまに覗きにいらしてください。


Today’s breakfast: Hot Soya and Sweet Corn Waffles
今日の朝ごはん: あったかい豆乳ととうもろこしのワッフル :)

朝の出店にてふたたび。今日はとうもろこしバージョン!他にはタイらしくココナッツ、タロイモ、かぼちゃ、レーズンの全5種類がある。

今日で3回目だから、おじちゃんにも顔を覚えられ始めた。買った後にコップンカーと言って目を合わせると、ニコっと笑ってくれた。今日は焼き立てであったか~~い!中身は甘いとうもろこしがたっぷり!

 

 

そして今日は温か豆乳を別の屋台にて購入。こちらはおそらく500mlくらいの量で10バーツ(30円くらい)。このような袋に入った飲み物は本当によく見かける。袋にストローをぶっ差してそのまま飲む。もしくは家に持ち帰ったら器に入れ替えて飲む。飲み物だけでなくこの国の人は袋と輪ゴムを多用する。汁気のあるおかず、たれ、フルーツ。なんでも袋に入れる。(これを開けるのも意外と難しい)

袋の閉じ方も決まっている。くるくるくるぽんっ!手慣れた手つきだ。日本でこの袋の閉じ方は見たことないけど、タイ人はみんなできるみたい。私も友達にどうやるのか教えてもらった。

ごちそうさまでした :)

(まさき りさ)