honshokuの仲間たち

ライトサイドカフェの三木さん

高円寺にあるカフェ、「ライトサイドカフェ」が、
開業して4年目をむかえたらしい。
オーナーの三木さんに会いに、周年パーティーへ。

4年という年月。飲食店経営の尺度ではかると、
この年月ははたして長いのか、そうでないのか。

4年なんて、あっという間だよ!とか、
長いことつづけているね、とか、
いろいろな意見がきこえてきそうだけど、
この店にかぎっては、三木さんにしか
わからないことなんだろうなぁ。

ひとつのことを、ほぼ毎日、おなじ場所で、
4年間やりつづけることって、どんなきもちだろう。
いろんなこと、あったろうな。
ぼくがいま、想像できることの、
さらにもっとすごいこと、ドラマチックなこと、
くやしいこと、いっぱいあったろうな。

このお店で印象的なのは、アルバイトスタッフが、
みんな、「イイひと」だということ。

わかい人が多くて、わかいときは
じぶんの進路があっちこっち行くような時期だから、
ライトサイドカフェでも、つぎの進路にいく子も
たくさんいるみたいだけど、
そのあとも、カフェにたまに遊びにきたり。
またカフェではたらきはじめちゃったり。

きょうの周年パーティにも、たくさんの、
卒業したバイトの人と、カフェの常連さんがきていた。
なんでだろう。なんで、
こんなすばらしいはたらく場をつくれるんだろう。

裏側をすべて知っているわけではないから、
ここで書いていることは、「そんなことないよ!」って、
三木さんにいわれそうだけど、それでもやっぱりすごい。

まねできること、あるかなぁ。
今度は、そのへんをききに、カフェにいこう。

あ、三木さん、周年記念とともに、誕生日おめでとう。

(平井巧)